枠に囚われないで

「事実婚」や「専業主夫」家庭もあります。

保守的な結婚の形にとらわれない人のほうが結婚しやすいのです。

これからは、「結婚の年齢のレンジ」がどんどん広がっていきます。

40代でも「わたし、これから結婚したいので、よい人がいたら紹介してね」

と堂々と言える時代になったのです。

周りの人にそうお願いしておくのも、婚活マーケティングの重要な手段です。

また、お見合いパーティー 大阪などでは見向きもされない可能性が高いですが、再婚市場や熟年向けのお見パなどでは引く手数多なのも覚えておくといいかもしれません。

女性たちの変化は驚くほど早い。

しかし同世代の男性たちは相変わらず、「女性は35歳まで」「経済力さえあれば、若い女性だって寄ってくる」と信じています。

男性の認識はなかなか変わりません。

しかし、そんな男性のなかにも、少しずつ変化があるのも事実です。

教師をしている、わたしの46歳の友人は、お見合いパーティー 大阪で2歳上の同業の男性と結ばれました。

しかし、互いに仕事場が離れているので「別居婚」「週末婚」です。

「自分の生活を変えなくてもいいからOKしたの」

と彼女は言います。

女優さんクラスなら母親年齢でもOK!?

外国人は性的魅力を感じる許容の幅が多様なのに対して、日本人は、年齢が苦いほど性的に興奮するように、すり込まれているのだそうです。

さらに、「最近の若い人はずいぶん変わってきて、お見合いパーティー 大阪でも年齢なんか関係ない、母親ぐらいの年齢でもよいという学生の声も聞きます」ということです。

ただし黒木瞳クラスのきれいな女性という条件がつくらしく、年齢上のタブーよりも近親相姦のタブーが大きい。

つまり、男性は母親を意識してしまうと、そのタブーが働いて性的に興奮できないのだそうです。

したがってかなり年上でもOK。

ただし母親を感じさせないタイプであることが必要なのです。

母親を意識させられる女性はタブー?

日本の男性はなぜこんなに年齢にこだわるのでしょうか?

この疑問をぶつけてみると、生物的出産年齢が一つのネックになっているのではないかということです。

男性は女性に性欲を感じなければ、性行為ができないので、どうしようもないのです。

外国人男性はそこまで年齢にこだわりません。

年齢はいくつまでと、結婚の条件をばっさり切ってしまうのは日本人男性ぐらいです。

ただし、お見合いパーティー 大阪にも多数いますが、子供がほしいから結婚する人には、この問題はどんなに魅力的な相手であろうと、無視できるものではありません。

他者を受け入れる気になるのが遅い!?

家事は外注というのも、今の共働きカップルにはふつうの選択肢ですが、お見合いの時点で口に出したのは、戦略性に欠けていたのかもしれません。

その魅力は外国人にモテるだろうなという女性でした。

この女性の話が『AERA』に載ったら、やはり40歳前後の独身の友人女性から、たくさんメールがきました。

「まさに今自分はやっと充実して、他者を受け入れたい気持ちになった。適齢期だと思う」というメールです。

彼女たちはみな、磨いたものがたくさんあるというのに、それを分かち合えるパートナーが見つからない。

結婚の有利な条件とはならないどころか、日本では年齢という賞味期限で切られてしまうのです。

とてももったいなくて、残念に思えます。

男の人の側だって、ちょっと年齢のレンジを広げれば、すてきな人に会える可能性がいっばいあるのに、と思います。

「年収はいくらですか?」

お見合いパーティー 大阪の最初に聞いてくるシビアな20代女性より、彼女たちのほうがずっと許容度は高いと思います。

人として魅力的でも、女として魅力的とは限らない

最近は毎朝5時に起き、ヨーガをやってから、副業の翻訳の仕事をして、会社に行く。

会社で6時までしっかり働いたあとは、ヒンズー語と韓国語の勉強。

年末はヨーガ合宿でバリ島に行って、それから韓国、中国にも旅行で行くと、まあ非常に充実した人生を送っていました。

ところが、お見合いクラブとかに入ると、35歳以下でなければだめだということで、断られてしまう。

この間、お見合いパーティー 大阪でやっと会った人は、バツイチで、お子さんがいて、年齢もちょうどよく、海外経験もあったので、楽しくおしゃべりできたのに、結局、向こうから断られてしまったそうです。

ほんとうに魅力的な人なのですが、ちょっと正直すぎます。

家庭に入って子どもの世話をしてほしいという男性には向かなかったようです。

男性たちの意識の変革次第?

この間、40歳ではじめてお見合いパーティー 大阪に行きましたという女性と会いました。

彼女はとてもすてきな人で、話していてもほんとうに生き生きと魅力的。

聞いてみると、まず、英語をがんばって外資系の会社に入り、30代は仕事で海外を行ったり来たり。

その後、今度は定年まで安定した会社に入ろうと、ちゃんと転職し、仕事も落ち着いて3年経った。

そろそろ結婚してもいいかなと思い始めた、というわけです。

過去縁も駆使する!

ほかに、中学の同級生と結婚した例もあります。

女性は大卒、男性は高卒ですが、同じ地元だということで、最初から親近感がもてたようです。

中学のときから仲がよかったのかといったら、まったくそんなことはなく、彼はヤンチャ系、彼女は体育会系でした。

お見合いパーティー 大阪で出会って、話をするまで全然知らなかったようです。

でも、今は、周りが羨むようないい家庭を築いています。

女性の場合、実は昔クラスのマドンナだった人というのは、いつまでたってもマドンナという魔法がかかっているのです。

マドンナ幻想が使える!?

年齢を先に開示する結婚紹介サービスによる婚活では、女性の35歳以上は極端に不利になります。

しかし35歳以上の出会いでもチャンスが多いのは、「過去縁」です。

学生時代にサークルで好きだった彼女のことをインターネットで検索したら、なんと見つかって、彼女も独身だとわかって、そこからデートが始まって結婚したと、そういう話も聞きました。

学生時代の仲間は、だいたいコミュニティが同じなので、ライフスタイルのすり合わせも、そんなにむずかしくないのです。

最初から良いとことも悪いところも分かっているので、お見合いパーティー 大阪での出会いのように時間がかかることもありません。

再婚市場も視野に入れる

このように、アラウンド・フォーティには、熟年再婚市場に行くという道と結婚して子どもをもつという両方の道があり、実は、いちばん揺れる時期でもあるわけです。

これが、40代も後半になると、出産の選択肢がほぼ消えて、2人で楽しくこれからの人生をやっていこうとか、双方の親を協力して看ていこうとか、女性も、それまでとは違うレンジに入れます。

一方、4、50代の初婚男性は、経済力さえあれば、まだまだ自分もお見合いパーティー 大阪で若い女の子と出合って結婚できると思っています。

しかし、40代を過ぎると男性の老け方に個人差がありすぎて、女性はその見た目年齢でNGを出してしまいます。

阿部寛が42歳で15歳年下の女性と結婚した直後に、結婚相談所を経営する女性に会ったら、「これでまた自分も20代と結婚できると勘違いした四十男が出てくるから困るわ。自分はアベちゃんじゃないってことがわからないのよ」と嘆いていました。